はじめに

 

特定非営利活動法人 鶴ヶ島第二小学校区地域支え合い協議会 設立趣旨書

                     平成25年8月25日

私たちの地域(鶴ヶ島第二小学校区)は、約3220世帯7170人が生活し

ています。年々高齢化が進み、高齢者の比率は25%を超えています。

縁があってこの地域で生活する私たちには、この地域がこれからも人に

優しく安全で安心して暮らせる地域であってほしいと願っています。

鶴ヶ島第二小学校区の10自治会は、従来から鶴二小を中心に、納涼大会

や運動会、お祭りなどの諸行事を共に行い、平成20年には「鶴ヶ島第二

小避難所運営委員会」を設立し、住民自身で主体的な地域防災に取り組んできました。

また、アンケート調査で、多くの方から「地域のために協力できる」と回答をいただきました。

こうした実績を踏まえて、この地域全体で助け合い、支え合う新たな地域づくりを目指して、平成23年7月に「鶴ヶ島第二小学校区地域支え合い協議会」を発足させました。発足以来「鶴ヶ島第二小学校区地域支え合い協議会」は、地域防災、福祉支え合い、子育て、助け合い隊などの多様な事業を、行政や社会福祉協議会、自治会、各団体との連携で展開してきました。私たちは、これらの事業が、地域の諸課題を行政にすべて頼るのではなく、地域住民自らが主体的に取り組む、共助の新たな仕組みづくりであると考えています。

これから先、地域の高齢化はさらに進むことが見込まれ、地域の抱える課題が増えていくと思われます。私たちは、地域課題に向き合って地域の力を結集し、責任ある活動を継続して行うために「鶴ヶ島第二小学校区地域支え合い協議会」をNPO法人にすることとしました。

​私たちは、住民1人ひとりが自立自助の志を強め、知恵と力を出し合い、お互いに助け合う地域共助のカタチを作り出し、新たな地域コミュニティーを創造していきたいと考えます。この新しい取り組みに一層のご理解とご協力をいただきますよう、心からお願い申し上げます。

埼玉県NPO情報ステーション

『NPOコバトンびん』もご覧ください

「NPOコバトンびん」サイトへのリンク

柴崎 光生 初代会長