沿革

2007年度(平成19年度)

平成20年3月20日、鶴二小通学区10自治会、学校長、公民館館長、市防災担当部署と協議し、鶴ヶ島第二小学校避難所運営委員会に関する申し合わせ事項を確認。

2008年度(平成20年度)

平成20年7月31日、新旧の10自治会長を含め、設立会議を開催し、

鶴ヶ島第二小学校避難所運営委員会の活動をスタートし、地域住民

が主体となって地域合同防災訓練など継続して実施。

2011年度(平成23年度)

地域の多様なニーズに応えるため「平成23年度埼玉県市町村・NPO等協働モデル推進事業」の助成金を受け、通学区10自治会、民生児童委員、NPO法人、企業、地域包括支援センター、社会福祉協議会、行政などの連携協力により、平成23年7月6日鶴ヶ島第二小学校区地域支え合い協議会を設立し、防災に加え高齢者福祉、子ども育成などの活動を拡大。

2012年度(平成24年度)

平成24年10月1日、高齢者などの困りごとを有償でお手伝いする

ボランティア活動「鶴二助け合い隊」を開始。

2013年度(平成25年度)

平成25年8月25日、活動の広がりに応え任意団体から特別非営利活動法人鶴ヶ島第二小学校区地域支え合い協議会の設立に向け総会を開催し、その後埼玉県への認証申請を経て、同年12月2日法人となる。

2014年度(平成26年度)

平成26年4月27日第1回通常総会を開催、法人化の後、環境教育施設「eコラボつるがしま」の受付、案内業務や養命酒製造(株)の工場跡地の草刈り業務等の受託。

2015年度(平成27年度)

平成27年5月10日、第2回通常総会を開催。平成27年7月22日総務省地域力創造グループの「暮らし支える地域運営組織に関する調査研究事業に関する研究会」の第1回研究会において協議会の活動を発表。

2016年度(平成28年度)

​平成28年4月26日「あんしんあったか地域ネット」を開始。

2017年度(平成29年度)

​平成29年8月27日「九都県市防災訓練宿泊体験」を実施。

2018年度(平成30年度)

​平成30年4月1日、会長交代、細貝光義事務局長が新会長に就任。退任・就任の挨拶はコチラ

地域合同防災訓練の写真
視察研修の写真
総会の写真